良いことか悪いことか、それはとても難しい話

中国では未婚=親不孝、という意識が日本よりずっとずっと強いと聞いたことがある。婚活マーケットなるものもあり、親が子どものプロフィールを掲示して売りに出したり、逆に買うこともあるとか。未婚者に対しての社会の風当たりも、厳しいものがあるのだろう。
確かに、家庭を持ったり子育てをしたりすることによる社会貢献をしないのだから、半人前と見られて肩身の狭さを感じるのも仕方のないことだろうという人もいるかもしれない。実際、私も妙齢の女性なので見えない圧を自分で勝手に感じてしまうこともある。でも、もっと世の中を見ていけば、家庭を持つ以外の社会貢献があるということもわかる。そこも理解した上で半人前とするのなら仕方がないけど、そういったことを自分からアピールすると煙たがられてしまう。
偽装結婚が正しいことかどうかは、その(仮)夫婦のキャリアや生活も知った上でないと判断できないと思う。結婚のプレッシャーから逃れたいという一点だけを見せられても、逃げだとしか判断できないだろう。彼らや彼女達が、どんな風に社会とつながり、偽装結婚がそれにどのように関係するのかを知りたいと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です