元号は昭和から平成へ、そして新しい時代へ

現在の天皇陛下の退位と皇太子殿下の即位のスケジュールが決まりつつあるようです。
このニュースを見たとき、昭和から平成へ元号が変わった時のことを思い出しました。

昭和から平成へ変わる時は生前退位ではありませんでしたので、とても慌ただしかったことを覚えています。当時小学生だった私は、登校したら新年早々臨時朝礼で校長先生から昭和天皇の崩御の話を聞き、驚くばかりでどう反応して良いものやら呆気にとられたことを鮮明に覚えています。
新しい元号である「平成」を発表したのは亡き小渕元総理、更にその前年の年末には天皇陛下のご容態騒動を利用して時の竹下内閣が消費税法案をさらりと国会で可決させてしまうというおまけ付きでした。
生まれてからずっと元号が「昭和」だったので、「平成」に慣れるのに7~8年かかったように記憶しています。

今回はお役所も退位から即位まで各儀式を計画的に進められるようで、東京オリンピックイヤーである2020年に向けて、その前年から話題に事欠かなくなりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です