大晦日の除夜の鐘の音をめぐる意見の対立について

物事の感じ方や受け止め方は人それぞれ異なっているので、どちらが正しいとは一概には言えないと思います。ですが、除夜の鐘の音を聴くことでその1年の終わりをしみじみと感じる側の人間としては、除夜の鐘の音を不快に思うのならば、不平不満を訴えるよりも、転居するなり、その日だけ一時的に違う土地に移るなど、自分で不快に思うことを回避する方法を考えて実行した方が賢明なのではないかと思いました。それでも、地元の方にとっては真夜中に参拝客が大勢で押し寄せてきて騒々しく感じるという心情は理解できますので、道中で大声で話したり、無暗に騒音を立てないといった最低限のマナーは守らなければならないなと思いました。そのような方たちには申し訳なく思いますが、鐘の音が連日連夜続き、睡眠や生活のリズムが著しく阻害されるレベルの問題ではないと思うので、年に1度だけだから仕方ないというような寛容な気持ちを持っていただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です