youtuberに対する疑問と東龍さんの文に対する意見

これらのyoutuberはフードファイターとして大食い選手権として出るべきだと思う。自分がどれだけ食べることが好きでも全種類は食べないし、残したくはないと思う。youtuberはなぜ無謀に何でも挑戦したがるのだろうと思う。それをyoutuberの担当者はなぜ誰も止めなかったのだろうと思う。こんなにも無謀な挑戦をするなら、自分は絶対にyoutuberにはなりたくないと思う。お店側にも経営が著しく悪くなるし、一生懸命作った料理も無駄になるし申し訳ないと思う。これらのyoutuberもこの企画についてもう少し考え直したり、検討したりしなかったのかと思う。だれでも自分も和牛の4つの種類はわからないと思う。食べ物はスポーツの道具だったら、大食い選手権がなくなるのはおかしいだろうと思う。そしたら、わんこそばもしてはならないというのもおかしいと思う。食と本質がつながるのは意味が分からないと思う。多少、大食い選手権のような闘争心や目標がつく企画はあっても良いと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です